つや消しホワイトで外装塗装リベンジ!【HGIBOバルバトスルプス#6】

ガンプラ

自粛開けと思いきやまた自粛。しかし、研究室はそういうわけにも行かず……

とまぁそっちの話は置いておいて。

前回失敗してしまった白塗装。今回はそのリベンジマッチになります。

HGIBOバルバトスルプスの塗装もいよいよ終盤。次回で基本塗装が終わって、その次からウェザリング〜ジオラマと続く予定です。

それでは内容へどうぞ。

スポンサーリンク

塗装色の変更

前回は白塗装を行いましたが、つや消しホワイトの筆塗りでムラが目立ったのでやり直しです。

基本塗装色は同じですが、つや消しホワイトをやめて、つや消しフラットベースを混ぜたアルティメットホワイトに変更しました。

  • サフ代わり:ガイアカラー アルティメットホワイト
  • ベースカラー:ガイアカラー アルティメットホワイト+Mr. COLOR フラットベースなめらか・スムース
  • アクセントカラー1:ガイアカラー ニュートラルグレイⅡ
  • アクセントカラー2:NAZCA COLOR スチールホワイト

もともと隠蔽力の強いアルティメットホワイトとつや消しの組み合わせなので、前よりは筆塗りのムラが緩和されるはずです。

いざ、塗装

とりあえず全身塗装してみました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、前回のつや消しホワイトよりはムラがマシになっています

どうにかウェザリングでごまかせそうなレベルなので、今回はこの程度で妥協します。

白の筆塗り塗装は今後どうにかしたいところです。

続いてアクセントカラーを塗っていきます。

基本的には別装甲っぽく見えるところに塗るので、特に注意するところはありません。

足首と踵の装甲だけは、モールドがなく、モールドを掘ると悪目立ちしそうなので、マスキングで仕上げました。

マスキングのコツは、塗装面とマスキングテープの界面を念入りに密着させ、その界面にあまり触れない用に筆を走らせることです。こうすることで塗料の流れ出しを防ぐ事ができます。

塗装後

なんやかんやで塗装完了。

色分け場所をいちいち書いていくとキリがないので、部位ごとの写真を上げていきます。

まずは胴体。

バックパック

黒い部分はGXメタルブラックで塗装。膝のマークは蛍光グリーンを使いました。

全体を通して黄色部分はゴールドに置き換えています。

組み立て後の全体像。

クセントカラーで程よくアレンジが効いています。サイドバインダーと前腕部分は次回合わせ目消しを行ってから塗装予定です。

残すは青と赤の塗装、そして全体の細かい色分けになります。(意外と多い?)

まとめ

今回は前回のリベンジで、塗装色を変えて白の筆塗りを行いました。残念ながら、実力不足か塗料の問題か分かりませんが、筆ムラが残る結果となりました。筆塗り白に関してはいつか検証して改善したいところです。

次回は残った部分の塗装とスミ入れを行う予定です。

今回も最後まで見ていただきありがとうございました。次回もお楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました